再春館製薬所

記事一覧(186)

秋の七草をご存知ですか?

今年は昨日9/24が「十五夜」でした。皆様の地域では、きれいな満月は見ることができましたか?ところで、十五夜にはすすきを飾るイメージがありますよね。満月は豊穣の象徴とされていて、十五夜には秋の収穫の感謝をこめて、芋などのお供え物をしていました。しかしこの時期はまだ稲穂がなっておらず、その代わりにすすきを稲穂に見立てて飾ったといわれています。そんなすすきですが、秋の七草のひとつであったことはご存知でしたか?春の七草は有名ですが、秋にも七草があるのです。しかし、粥などと一緒に食べて無病息災を祈願する春の七草と違い、秋はその美しさを鑑賞して楽しむものです。ほかにはどんな花があるのでしょうか。☆秋の七草☆萩(はぎ) 桔梗(ききょう) 葛(くず) 藤袴(ふじばかま) 女郎花(おみなえし) 尾花(おばな:すすきのこと) 撫子(なでしこ)~ちょっと口ずさんでみよう(五七五七七のリズムで)~はぎ/ききょう くず/ふじばかま おみなえし おばな/なでしこ あきのななくさ中には葛や桔梗など、生薬としても用いられるような草花もあるのです。葛の根を使う葛根湯は、あまりにも有名ですね。桔梗はその根を生薬として用い、処方としては桔梗湯、小柴胡湯加桔梗石膏などがあります。主に扁桃腺炎など、喉の腫れによいとされています。このように、あまり知られていない秋の七草も、意外と身近な存在だったのです。今日は秋の七草のお話でした。この秋、七草を見に出かけてみられるのもよいかもしれませんね。(写真1枚目・・・葛の花 写真2枚目・・・桔梗の花)