【生薬の不思議なお話し ごぼう篇】

半袖で過ごせるような気温の高い日もあり、初夏の訪れを感じる季節となりましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。


本日のテーマは野菜の「ごぼう」についてご紹介したいと思います(^^)「ごぼう」というと秋や冬に収穫するイメージがありますが、この時期に出荷されるものは「新ごぼう」と呼びます。別名を「夏ごぼう」とも呼ばれ、成長しきる前に若採りするので、柔らかくアクが少ないのが特徴です!


私も自宅で食べた時には、汚れを落とすだけで、皮付きのまま頂くこが出来ました(*^_^*)栄養もしっかりととれますよね。食物繊維やポリフェノールを多く含んでいるので、便秘やアンチエイジングにもおすすめの食材です。


漢方では、ごぼうの果実を「牛蒡子(ごぼうし)」と呼びます。炎症を抑える働きや、熱さましの効果があります。また、2年以上成長したごぼうの根を乾燥したものを「 牛蒡根(ごぼうこん) 」と呼び、食欲増進、発汗、利尿、咳止めなどの働きがあります。


余談ですが、私たちの和食文化にも多く登場する「ごぼう」ですが、世界的にみると、海外ではハーブ、中国では漢方薬として使われており、食用としているのは日本と一部のアジア諸国だけだそうです。


平安時代に伝わった際に、ごぼうの種子は薬用としてですが、根は料理に活用されていたとか・・・!まだ調味料などが充実していない時代だったと思いますが、あの独特な香りとえぐみをシンプルな味付けで、料理に活用できていたなんて驚きです!!

平安美人の秘訣は「ごぼう」だったかも・・・?しれませんね(^^)

おうち漢方

私たちの身近にある『おうち漢方』。毎日の生活に役立つ「漢方」の知恵を、わかりやすくお伝えしていきます。 『おうち漢方』は再春館製薬所の公式ブログです。