【果物で気のコントロールをしませんか】

 4月は、「気」のコントロールが難しい時期です。急に暖かくなり、時には熱いくらいの気温になることもありますね。また、雨などが降り、寒くなることもあるので、温度調節に気を遣うときでもあります。

おうち漢方では、春の陽気が「気逆(きぎゃく)」引き起こすことをお伝えしていました。

今回は、体の中で上昇してしまった「気」を降ろす性質のある果物をご紹介したいと思います。


 それは「グレープフルーツ」です。グレープフルーツの旬は「春」です。気が昇っている状態を降ろす性質があります。また、気が昇っている状態のことからことによって高血圧が生じている場合もグレープフルーツは効果的ともいわれています。ただ、高血圧で使用する薬によってはグレープフルーツを避けたほうがいい薬もありますので、注意が必要です。

また、体を冷やす「寒」の性質を持っています。ですので、冷え性の方は食べ過ぎは注意してください。


西洋学的にもビタミンCやクエン酸が豊富で肌のアンチエイジングや健康維持にとてもいい食べ物として知られています。

そのままで食べることも多いかと思いますが、ジュースとして飲んだり、サラダなどの料理に使ったりすることができるので、いろいろな形で摂ることができます。

 今の季節は漢方学的に「気」を降ろす必要もありますし、科学的にも紫外線が強くなってくる時期なので、グレープフルーツはぴったりです。

ぜひ、さまざまな方法で食べてみてください♪

おうち漢方

私たちの身近にある『おうち漢方』。毎日の生活に役立つ「漢方」の知恵を、わかりやすくお伝えしていきます。 『おうち漢方』は再春館製薬所の公式ブログです。