【生薬の不思議なお話し 桜篇】

立春も過ぎ、暦上は「春」となりましたが、まだまだ春は遠い、寒い日が続きますね。

そんな中、先日、ふとテレビで「桜の木」を見かけることがあり、寒さに耐える気持ちから、パァっと気持ちが晴れやかになるのを感じました。

春の訪れが待ち遠しいですね(*^_^*)


今日の生薬のお話しは、少し気が早いですが「桜」についてご紹介させていただきます。

桜は「桜皮(おうひ)」という生薬が漢方に使われています。桜の木の皮を乾燥させたもので、解毒効果や咳止めに良いといわれています。また、肌の炎症に対する効果も期待され、外用薬などにも幅広く活用されています。

実は、漢方だけではなく、西洋医学にも鎮咳去痰薬に桜皮エキスが使われていたりします^ ^。

また、桜皮以外にも、様々な健康効果があるんです。

例えば、桜にちなんだ和菓子である桜餅に使われている桜の葉っぱ。塩漬けされていますが、そうすることで、クマリンという物質が生成されます。クマリンには抗菌作用の他、鎮静などのリラックス効果があります。桜餅を食べてしあわせな気持ちになるのは、味が美味しいのはもちろんのこと、このクマリンの効果もあるかもしれないですね・・^ ^


桜の木の種類によっては花びらをお酒などに漬けて一緒に飲むと、精神安定や安眠にも良いそうです。

桜は見て楽しむだけではなく、実は私たちの健康にも、とても良いものなんですね!植物の力に驚きを感じます。

今年も綺麗な桜が咲くことを心待ちにしながら、あと少しで終わるこの冬の寒さを乗り越えたいです(o^^o)

▼肩・腰・ひざの痛みを緩和する

漢方に学んだ「痛散湯」も紹介しております。

http://www.saishunkan.co.jp/tsusanto/

おうち漢方

私たちの身近にある『おうち漢方』。毎日の生活に役立つ「漢方」の知恵を、わかりやすくお伝えしていきます。 『おうち漢方』は再春館製薬所の公式ブログです。