【からだの変化。男性は8年、女性は7年周期】

 漢方では、からだの変化が起こる周期、節目のタイミングというのは、男性と女性で異なるということが言われています。これは、漢方の医学の基盤となる書物「黄帝内経(こうていだいけい)」に書かれていることです。この変化の周期、男性は8年周期、女性は7年周期と言われています。もちろん個人差はありますのであくまでも目安です。


黄帝内経では次のように書かれています。

「男性の場合は、8歳で、乳歯から永久歯へ生え変わり、16歳では男性として発達し、精通を迎え、子供を作ることができるようになる。24歳では、男性的な体になり骨格や筋肉などもしっかりつき、32歳では男性的な体として充実してくる。40歳になると、毛髪や健康面などで気になる部分が出始め、48歳になると肉体面の衰えや白髪しわなどが気になり出す。

女性の場合は、7歳で乳歯から永久歯へ生え変わり、14歳では女性として発達し、初潮を迎え、子供が産めるようになる。21歳では、女性の体が出来上がり、28歳でピークを迎える。35歳では、髪や肌のハリが気になり出し、42歳では顔の疲れや白髪が気になり出す。」

 現代は昔と比べ食生活も生活習慣も異なりますので、ずれている部分もありますが、だいたい一致してしており、これが体変化のポイントといえます。このポイントは人によって周期の節目よりも早かったり、あるいは遅かったりします。これらを左右しているのは、遺伝的なものもありますが、毎日の体に対するケアの違いがあります。食事を気を付けたり、体を動かしたり、時にはしっかり休めたり。心のケアとしてストレスをためないようにリフレッシュすることもケアのひとつです。これを漢方では「養生」と呼び、季節や年齢の変化、体質などに合わせて食事内容や運動などの種類や頻度などを工夫していきます。


 年齢の節目をポイントに自分の体を振り返ってみてもいいかもしれません。「自分は年齢相応なのかな…」「年の割にはどうなんだろう…」と感じたときのひとつの判断材料になると思います。もし、気になる部分があれば、できるところから養生してみてみましょう。

 例えば、年齢に対して白髪などが気になる場合、漢方医学でいう「腎」が年齢相応よりも弱っている可能性があります。漢方で言う「腎」というのは、西洋医学でいう「腎臓」とは異なり、「生命力の源」と言われています。弱っている「腎」を補強するための食材として、「山芋」や「黒胡麻」、「海老」などがあげられます。

また、「気・血・水」でいう「血」の巡りが良くない状態でもあるので、食材として「ほうれん草」や「「黒豆」がおすすめです。

からだの体の節目には状態が大きく変わるときでもあります。

なんとなく「あれ?おかしいな」と感じたときには、自分の体に気遣いながら毎日を過ごしていきましょう。

おうち漢方

私たちの身近にある『おうち漢方』。毎日の生活に役立つ「漢方」の知恵を、わかりやすくお伝えしていきます。 『おうち漢方』は再春館製薬所の公式ブログです。