【漢方は身近なもの ~痛散湯篇~】

漢方や生薬を、もっと身近なものに感じていただきたい!と思い、以前の投稿では再春館製薬所の医薬品「痛散湯」に処方される生薬は実は、私たちにとっても身近なものなんです(^^)というご紹介をさせていただきました。

そして、今回は「甘草(カンゾウ)」についてご紹介させていただきます!


甘草はマメ科の多年草であり、痛散湯には、根を乾燥させたものを使用しています。「甘草」という植物、あまり馴染みのない植物かもしれませんが・・・実は、薬用としてだけではなく、一般の食品としても使用されているんです。その代表が「醤油」です。醤油の甘味を出すための甘味料として、使われることがあるそうです。飲み物としてはハーブティーとして、ご愛飲されている方もいらっしゃるそうです。


このように紐解いていくと、漢方・生薬は私たちの生活の身近な所に存在していたんだなと、気付くことができます。

『痛散湯』の他の生薬については、また別の機会に紹介させていただきたいと思います(*^_^*)

▼痛散湯の詳しいご紹介は下記もご参照ください。

肩・腰・ひざの長引く痛みにお悩みの方へ『痛散湯』。

無料試供薬のご案内もあります。

http://www.saishunkan.co.jp/tsusanto/about/index.html

おうち漢方

私たちの身近にある『おうち漢方』。毎日の生活に役立つ「漢方」の知恵を、わかりやすくお伝えしていきます。 『おうち漢方』は再春館製薬所の公式ブログです。