再春館製薬所

記事一覧(38)

【夏バテに良いツボ押し】

皆様、夏バテにならずに夏をお過ごしでしょうか。東日本や北日本では平年より涼しい日が続いているため、「大丈夫!」と思われる方もいるかと思いますが、気温差も夏バテを生じてしまいやすくなる要因です!気温がまた上昇する時等は注意していただければと思います。今日は夏バテ気味な時に効果的なツボ押しをご紹介したいと思います。夏バテの主な症状として、なんとなくだるさを感じたり、食欲が低下し、何も食べたくないと言われる方が多いですね。今日はそれらの症状に対して効果的なツボ押しを案内したいと思います。●湧泉(ゆうせん)このツボを刺激することで疲労回復し、だるさを解消させることが期待できます。又、全身の血行をよくするため、冷え症や老廃物を排出するなど様々な作用があるため、「万能のツボ」と言われています。親指を「湧泉」の中心に当てて垂直に押すのが基本の押し方ですが、ゴルフボールで「湧泉」の辺りをゴロゴロと刺激したり、500ml以下のペットボトルに50~60℃のお湯を入れ、そのペットボトルの側面で「湧泉」を温めたり、底面で刺激したりすることでも効果がありますので、いろいろな方法で試してみてください。片足ずつ1分程度ツボを刺激すると良いといわれています。

【夏の冷えから体を守ろう!血液循環体操】

 九州地方に台風が近づいていますね。九州はもちろんのこと他の地域でも雨や風が強くなる地域もあるかと思いますので、十分にご注意下さいね。 今日は、そういった日に多くなってしまいがちな一日中空調の効いている部屋に居たり、体が冷えやすい人にオススメの体操をご案内したいと思います。 まず、冷えを感じている人は基本的に血液循環が悪い方が多いです。それは、血液循環が悪いと体温を体の末端に届けることが出来ず、足先、手先から冷えを感じてしまうからです。そのため、冷えを感じている人は血液循環を良くすることが第一です。血液循環を良くするために効果的な運動は「ふくらはぎを動かすこと」です。  ふくらはぎは第二の心臓とも言われ、ふくらはぎの筋肉を収縮、弛緩と何度も繰り返すことで血管を圧迫して、血液をスムーズに巡らせて、血液循環を促進することができます。 ふくらはぎの運動は、動画のようにかかとあげ、つま先あげを繰り返すことが効果的です。かかとあげ10回、つま先あげ10回を行ったあと、かかとあげ5回、つま先あげ5回というように少しずつ少なくしていきながら繰り返し行うと血流も良くなり、より効果的です。